いつもみかんせい
きまぐれにつづる日々の記録。主に映画の紹介。あとは旅行の記録とか、とか、とか。。。
プロフィール

きまぐれみかん。

Author:きまぐれみかん。
横浜在住の無類の映画好き。
フランス映画と社会派映画をこよなく愛すが、経験値は不足気味。
実家が地方のため、人との接触に飢えている。

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
オススメ

クリックで救える命がある。

スクラッチ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログ開設のきっかけともなったイベントレポート。
はじめはmixiに掲載していたんですが、
やはりSNSには限界があるしということでこちらに転載していきます。

記事INDEX:
 開国博 Y+150 プレイベント・レポート 17日
 開国博 Y+150 プレイベント・レポート 18日 Part.1
 開国博 Y+150 プレイベント・レポート 18日 Part.2
 開国博 Y+150 プレイベント・レポート 19日 Part.1
 開国博Y+150プレイベント・レポート19日 Part.2


まずはじめに開国博とはなんぞや?
というところをこの回で説明したいと思います。


まんまmixiで作ったコミュからの転載なんですが、許して(笑) =============================================================
= 開国博 Y+150 について
=============================================================

○153日間の世紀を超える感動体験。 2009.4.28~9.27 ※一部会場を除く

1859年(安政6年)の開国・開港から150周年を迎える、2009年。
横浜は未来への「出航」をテーマに、その歴史や魅力が満載の博覧会「開国博Y150」を開催します。
みなとみらい地区を中心としたメイン会場「ベイサイドエリア」、
食やファッションなどの人気スポットが立ち並ぶ横浜駅周辺から山下・山手地区の「マザーポートエリア」、
自然豊かなズーラシア近隣に広がる「ヒルサイドエリア」。

「海」「街」「自然」が生きるこの3つのエリアから、未来を輝かせる夢の種をまくために。
今、「開国博Y150」という名の船があなたを乗せて「出航」します。

=============================================================


また、このプレイベントの目玉が、ラ・マシンという劇団のパフォーマンス。
このラ・マシンについても以下のように説明をしておきましょう。


=============================================================
= La Machine について
=============================================================

この革新的なチームは、アーティスト、 デザイナー、制作スタッフ、技術スタッフの約50名で構成されており、フランスのナント市とトゥールーズを拠点に、“生命のある機械”という世界観をコンセプトに活動しています。
「ラ・マシン」は1998年に設立されました。2003年にヨーロッパツアーを行った「スペクタクルのマシン集大成」が、「ラ・マシン」としての最初の制作物です。
単なる「物体」としての作品ではなく、彼らの“生命のある機械”によって「街が劇場に変わる」という圧巻の巨大スペクタクルアートが実現するのです。そこでは、観客はもちろん、街を構成する花や緑、空、海、車や船、建物など、すべてが“劇場”を造るための構成要素となります。


会場:1.Y150はじまりの森 (新港地区8街区)
開催:2009年4月28日(火)~9月27日(日) 10:00~22:00
※周遊会場は閉場時刻が異なります。
スペクタクル:巨大なクモ×2

◇プレイベント
期間:4月17日(金)~19日(日)
場所:みなとみらい21新港地区周辺
内容: 横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」のプレイベントとして、日本初上陸 の巨大スペクタクルアート劇団「ラ・マシン」による一大ストーリーを展開。 高さ約12メートル重さ37トンの「巨大なクモ」が横浜の街を練り歩きながら、横浜の街を劇場化します。

=============================================================

※以上、公式ホームページより抜粋

公式ホームページ:http://event.yokohama150.org/


それでは、上でも多少触れていますが、
これから開国博プレイベントの模様を公開していきたいと思いまぁ~す☆


この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

この記事へのトラックバックURL
http://kimaguremikann.blog47.fc2.com/tb.php/3-2fddc73a
この記事へのトラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。